English | 日本語
a | a
webershandwick asia pacific



 












レピュテーションの高いグローバル企業は女性経営幹部の比率が高い―GFPインデックス2016 Marketing Team
 
   
 
09,03,2016    

ウェーバー・シャンドウィックは、米ビジネス誌「フォーチュン」が発表する「フォーチュン・グローバル500」にランクインした企業の経営幹部に占める女性の比率を調査した同社初の「ジェンダー・フォワード・パイオニア・インデックス(以下GFPインデックス)」の結果を発表しました。

GFPインデックスは、「フォーチュン・グローバル500」にランクインした企業の経営幹部(8,600人)に占める女性の比率を調査したものです。このインデックスは、ウェーバー・シャンドウィックとKRCリサーチ社が昨年発表した調査報告書「世界の企業経営幹部におけるジェンダー平等性の調査~2030年への理想と現実のパラドックス」の補足調査です。

調査結果によると、「フォーチュン・グローバル500」企業全体の女性経営幹部の比率は10.9%で、男女比が平準化している企業はありませんでした。また経営層の全てを男性が占める企業は全体の約4割(37.6%)に上りました。また、各業界で最上位の「最も賞賛される企業」を合わせた女性経営幹部の比率(17%)は、各業界で次点以下の企業の女性経営幹部比率の平均(8%)の約2倍に上りました。

今回の調査では、最も経営幹部の男女比平準化が進んでいる業界は総合小売業(33%)でした。また、北米は、他の地域に比べ女性の経営幹部比率が約2割(19%)と最も高い水準でした。さらに国別にみると女性経営幹部比率が最も高い国はスウェーデン(27%)でした。