English | 日本語
a | a
webershandwick asia pacific



 












英フリップサイド社買収について Marketing Team
 
   
 
20,09,2016    

ウェーバー・シャンドウィックは、イギリスのモバイル/デジタル・エージェンシーであるフリップサイド社の買収を発表しました。フリップサイド社は、モバイル・プラットフォームやクリエイティブ、テクノロジー・サービスに高い専門性を持つサービスを展開してきました。ウェーバー・シャンドウィックは、これまで以上に広範囲の最新デジタル技術を取り入れ、コンテンツ、コミュニティー、あらゆる商取引を融合したサービス提供により、B2B、B2Cを問わず多くの顧客のビジネスに貢献します。

ウェーバー・シャンドウィックのCEOであるアンディ・ポランスキーは次のように述べています。「顧客がモバイル環境に対応するマーケティング活動の再編成に取り組む中、当社は最もクリエイティブで斬新なサービス提供を可能にしました。フリップサイド社は、クリエイティブやテクノロジーの専門性が極めて高く、当社のコンテンツ・マーケティング、ソーシャルメディアを活用するリーディング・カンパニーとしてのポジショニングは彼らによってより一層強化されると信じています。」

フリップサイド社は、多数の世界的ブランドのモバイルアプリ、デジタル体験の開発を手掛けた経験を持ち、イギリスのロンドンに本社、ギルフォードを拠点としてきました。ビジネス戦略立案やテクノロジー・プランニング、ソーシャルメディア・マネジメント、モバイル中心型のマーケティング・コミュニケーションも得意としています。

今回のニュースは、PR WeekとThe Holmes Reportにも掲載されています。

ウェーバー・シャンドウィックのチーフ・デジタル・オフィサーであるクリス・ペリーは次のように述べています。「多くの場合、マーケターはモバイルを単純に認知向上や、小型画面上での広告媒体の一つとしか見ていません。しかし私たちは、日常生活でスマートフォンを使用する時間が増えるにつれて、モバイル画面をはるかに超えた重要なニーズがあると考えるようになりました。それは、これまでになかったデジタル体験やサービス提供を通し、リアルな価値を届けられるということです。設立当初からその点に気付いていたフリップサイド社は、新たな価値観に基づいたエンゲージメント志向のアイデアを現実化し、ウェーバー・シャンドウィックのサービスに新しい側面と奥行きを与えてくれるでしょう。

フリップサイド社のマネージング・ディレクターであるマーカス・ディアーは次のように述べています。「フリップサイド社は、モバイルの世界が拡張する中で、顧客のコミュニケーション機会の活用を支援することで、ビジネスを拡大してきました。そして今後私たちのモバイル、デジタルの専門家チームが、ウェーバー・シャンドウィックの一員としてよりグローバルな規模で事業を推進できることを喜んでいます。」